<問い合わせ回答メールにおける個人情報流出に関するお詫びとご報告>

弊社よりお客様からのお問い合わせに対して回答したメールにおいて、一部のお客さまの個人情報が他者から閲覧できる状態になっていたことが判明しました。原因はすでに判明しており、現在は対応も完了しております。
お客さまの大切な個人情報をお預かりしているにも関わらず、このような事態に至り、深くお詫びを申し上げるとともに、経緯について下記の通りお知らせいたします。

1.経緯
6月2日(金)、10月12日(木)、10月20日(金)にメールにてお問い合わせ頂いていた3名のお客様に対して回答メールを返信いたしました。
その返信メール本文に、共有範囲が「リンクを知っている人全員」と設定された弊社内用問い合わせ情報管理DBのURLを回答者が誤って貼付け送付してしまった。10/26(木)になって、当該お客様から当該URLをクリックすると「他の会員の情報が見える」との問い合わせがあり、発覚しました。

2.お客さまの情報が実際に第三者に表示されたケース
・6月2日(金)にメールにてお問い合わせ頂いていたお客様1名
・10月12日(木)にメールにてお問い合わせ頂いていたお客様1名
・10月20日(金)にメールにてお問い合わせ頂いていたお客様1名
合計3名

3. 個人情報を閲覧された可能性のあるお客さま
650名

4.閲覧された可能性のある個人情報
名前・住所・メールアドレス・電話番号
※なお、料金支払口座やクレジットカード等の決済情報の漏えいはございません。

5.再発防止策

下記2項目を即座に実施し、再発防止に努めます。

・お客様に対してメールを送付する際の内容確認及び送付先の確認を徹底します。
・問い合わせ情報管理DBの共有範囲を「リンクを知っている人全員」から「弊社内のみ」に直ちに設定変更致しました。

改めまして、多くのお客さまに多大なるご迷惑とご心配をおかけしたことをお詫び申し上げるとともに、お客さまのご不安の解消と今後の再発防止に努めてまいります。