熊本電力、供給電力のCO2排出をゼロに 地域最安値かつ環境価値の最大化に成功

<報道関係者各位>

2020年8月28日
熊本電力株式会社

熊本電力株式会社(本社:熊本県熊本市中央区、代表取締役:竹元 一真、以下「熊本電力」)は、今回、2019年4月から2020年3月までの間、お客様に販売した電力で発生した28,000トンのCO2に関し、2020年8月24日に無効化手続き(排出権による補正手続き)を行いました。これによりお客様へ供給している電力はCO2排出ゼロとなりましたことをご報告いたします。(電気事業者別の排出係数の確定値の公表は2020年12月頃)今後とも熊本電力はCO2排出量ゼロの電気をお届けいたします。

2019年度は卒FITによる住宅用太陽光余剰電力買取0.3%、さらに弊社グループの太陽光発電由来電力5.81%、合計6.11%が熊本県内で発電された電気となります。これらは貴重な地産地消の電気となります。

次年度以降も引き続き「CO2排出ゼロの電力供給」を実現して参ります。またお客様への供給電力をこれまでの市場依存から脱却し再生可能エネルギーと地産電力の供給に移行して参ります。

弊社は「CO2排出ゼロの電力提供」、「再生可能エネルギーの電力供給100%」、「電力の地産地消」に取り組んでゆき、供給しているエリアのみなさまへ地域最安値の電気料金、お客様により環境価値の高い電力供給の実現を目指していきます。